SIM ロックフリースマホをもって海外に飛び出して
現地のプリペイド SIM をつかうとこうなった

Nexus 5X が帰ってきました。でも、この解決方法で大丈夫?

ということで、こちらでも、遅ればせながら新年明けましておめでとう、ですね。今年ものんびり記事を書いていこうと思いますが、こちらはなかなか海外に出る機会も以前に比べて減ってきているので、エッジの効いた記事がかけずにいますが、ご愛顧のほどを。

さて、タイトル通り、前回の記事でご紹介の通り、docomo で契約した Nexus 5X が突然電源が入らなくなる、という事象があり、年末の忙しいさなかドコモショップに持ち込んで見積もり修理に回して、年明け数週間で見積もりの結果を報告しますよ、という話でした。

修理が終わった。って、早くないか?というか見積もりは???

そうしたら、この週末に代替機のXperia Z3 Compact にメッセージRが。修理が完了したので取りに来て欲しい、と。ん?見積もりは?もしかしてアメリカと同じくリコール?などと思いつつ行ってみましたら。。。ドコモショップも、不思議と順番を優先して対応してくれたり、となんか変にいい対応をしてくれるので何かあったか?と思いつつ話を聞くと。。。

原因は電源モジュール

電源の入らない事象を確認して、調べたところ、電源モジュールである U3300の動作不良が判明したので基盤交換しました。なお、電池には異常がなかったです。

ということで、無償での修理だったため事前確認なしでやってくれたそうです。ちなみに、液晶保護フィルムはそのまま帰って来ましたが、曰く「最新のソフトウェアを入れてある」ということでした。が、電源を入れて少ししたら「Android OS 7.1.1. に更新出来ます」の表示が。。。えっと。。。7.1.1.入れてましたがそれってダウングレードしていたってことじゃ。。。(汗)

日米の対応方法の違い、もあるけどそもそも。。。

いずれにせよ、アメリカではパーツがないから修理できない、という話なのに、日本では基盤があるから交換で対応、という対応の違いが見えて来た訳ですが、実際のところ、電源モジュールに問題があるとしたら基盤を変えても問題が再現するような気がして仕方がなかったりするのですが。。。まぁ、とりあえず残債がある以上、またNexus 5X の売り方の特殊性から保証サービスが通常のサービスより割高だったことが判明した今(苦笑)払い切るまでは何度か基盤交換してでも使い切らないとドコモさんで頼んだメリットも出ない、のかもしれません(苦笑)

おまけ:基盤が変わっても変わらない電池の持ち

ちなみに。。。。帰って来ましたが電池の持ちは相変わらず悪く、bluetooth を立ち上げて misfit ray につなぎた状態(にするのも問題ですが。。。)では6時間持つかどうか。bluetooth を立ち上げなくとも朝8時に家を出て夜10時まで持つかどうか、という燃費の悪さは改善されていません。ですので、アプリも必要なものに限定して負荷を減らそうと思ったのですが、そもそもリカバリーする前のスッピンの状態ですでに電池の消費が激しかったのをみてしまったので、結構何をやっても期待薄です。

それを思うと、ほとんどアプリを入れることはなかったものの、そのおかげでかほとんど電池が減らなかった Xperia Z3 Compact はサイズ感も相まっていつか使ってみたいかも、というオチもつき(をい)。さて、残債が終わるのはあと11ヶ月後。大丈夫かなぁ。。。
Share on Google Plus

About Shinobu Miyata

I... a financial consultant based in Tokyo. But... sometimes becoming crazy for omelets around the world, and nomad working life style. Namely, just a nerd.