SIM ロックフリースマホをもって海外に飛び出して
現地のプリペイド SIM をつかうとこうなった

ZenFone 3 Ultraへの期待、いろいろな意味でちょっと高いかも

おっさんが持つにはきつい色、だよなぁ といって、女性が持つには大きいサイズ、だし
おっさんが持つにはきつい色、だよなぁ
といって、女性が持つには大きいサイズ、だし

ついこの間 Nexus さいこー、と書いていた私ですが、今月の頭から実はずっと心待ちにしている新機種があるんです。ええ、タイトルにある ZenFone 3 Ultra なのです。
これ、このブログ的に sweet spot な機種ではある一方で、いろいろと心待ちにしてきたspec が満載でもあって、Nexus の本家本元的な立ち位置も捨てがたいけど。。。という葛藤がこの数週間続いております。

そのポイントをかいつまんでご紹介しましょう。

DSDA - それってまじ?

さて、いきなり略語出ました。DSDA ってあまり聞きなれないかもしれませんが、SIMロックフリーなスマホを持ち歩くあなただともしかしたら好きになるかもしれません。それは Dual SIM Dual Active の略で、SIM の2枚差し可能なスマホで、両方のSIM で同時に通信可能(例えば、一方で会話してもう一方でデータ通信を行う)になる、というものです。
多分SIM二枚差しのスマホは昔からあれこれ出ていましたが、大抵はDSSS (Dual SIM Single Stand-by) といって、二枚の SIM を刺してもどちらか一枚しか機能しないので、もう一枚はある意味しまっているのと同じ状態になってしまっていました。

実は、これは日本特有の状況ともいえる話でして、というのは、DSSS と言いつつも実は、片一方では4G(LTE)/3Gのデータ通信は出来るもののもう片方では 2G の電波のものは掴んで通話ができる、というものもあったのですが、日本では2Gは使われていないのでこの機能を使えずにいたのです。そこで、日本のマニア(笑)の間では両方とも 4G/3G でDSDS (Dual SIM Dual Stand-by) で、せめて両方の通話を待つことが出来るか、DSDA で通話しながらオンラインゲームが出来るようになってほしい、という期待がありつつ、仕方なく二台持ちし続けて待っていたのです。

現時点では展示会での展示品がDSDA のようだし、スペック上も出来るように書かれているので期待が高まっていますが、日本向けバージョンについては(MVMO の SIM との併用で収益機会をなくされるのは嫌だ、ということで)キャリアからの圧力が掛るかも、という心配があるので実際に出てくるまで予断は許しません。。。


こうしてみると普通に見えるけど、 6.8inch ってそこそこ大きい、はず
こうしてみると普通に見えるけど、
6.8inch ってそこそこ大きい、はず

ファブレットといえば7inchでしょ! 

はい、ファブレットといえば、巨大な画面のタブレットで色々な作業が比較的楽に出来るのに、スマートフォンのように通話が出来て SMS がやり取り出来る、という両方のいいところ取りが期待出来る機能満載、という意味なのですが、なぜか最近のファブレットというと 6inch 級、正確に言えば 5.8inch あたりのサイズを言うので、最近の5inch のスマホが 5inch 前半であることからちょっと程度しか大きくない、というイメージが強くなってきています、よね?例えば iPhone 6 Plus s とか。確かに微妙な一回りとはいえ、ちょっと手に収まるかな、という危惧が残るサイズに仕上がっているので、実際にさらに 1 inch も大きくなると片手に持って電話なんて。。。

と、思いますよね。実際に、キャリア付きだった SH-06Fをこの間まで使っていましたが、周りから見ても、私が人より一回り大きい手でホールドして通話している姿を見て、ああ、掛けられるんだ、でも、やっぱり不自然に大きいよね、という目で見ているのは視線が痛かったのは事実です。

とはいうものの、そんな一回り大きい手な私です。指だって太いんです(泣)なので、タブレットサイズでのキーボードの方がタイプしやすいんです。10キーでフリックでいいじゃないか?いえいえ、慣れてませんし、仕事上QWERTY キーボードの作業時間が長い以上、移行できません(苦笑)

そういうことなので、タブレットサイズで、通話ができる、というのは本当に助かるんです。え?iPad mini か Nexus 7 に 050 plus と Skype と(iPad ならfacetime、Nexus 7 ならば。。。何がいいんだ?)でいいじゃないか?そりゃ、おっしゃる通りなんですけど、SMS って日本にいる時以上に海外だとprepaid SIM のトップアップの時を始めいろいろ使えるので必須なんですよ。

まとめ

ということで、力説する割に項目が少ないじゃないか?と言われそうですが、いえいえ、どちらも今の日本に足りない選択肢ばかりなのですよ。その二つが一挙に揃う、というのはかなり大きいのですよ。UI も私が使うときっと Google のそれをあえて使いそうですから、あとはOSのメジャーアップデートへの対応と、それ以上に月次で行なわれているNexus 向けのセキュリティアップデートの頻度くらいでしょうか。それとのトレードオフ。どうしましょうかねぇ。

と言いつつ、まだグローバル市場に出てきていないので待ち遠しさだけが募って仕方がありません(笑)
Share on Google Plus

About Shinobu Miyata

I... a financial consultant based in Tokyo. But... sometimes becoming crazy for omelets around the world, and nomad working life style. Namely, just a nerd.