SIM ロックフリースマホをもって海外に飛び出して
現地のプリペイド SIM をつかうとこうなった

シンガポールの SIM 事情 - マシュマロって日本では手に入らないの???

Copyright zoomion
某金融系ブログにも書いたのですが、実はシンガポールに来ているのですが、気付けば前回から2年経ってました。ということは、マイ四半期ごとに top-up している 2G 用のM1 の SIM には SGD 200 以上たまっている計算にもなるので、そうなると長年使い続けているSIM をそろそろマイクロサイズに切り落として Android に指して使わざるをえない訳でして。。。

でも、実際にやってみたら、あっさり動いてくれました。今回はその話から。

M1 Singapore の Prepaid SIM の設定は?

APN: sunsurf
ID/Pwd: なし

という単純な設定もOSに事前に入ってくれていたし、ちゃんとprepaid 用のデータプランも #100# をダイアルすればメニューが出る、という対応もしてくれる。というか、データ通信をしたかったら、この手続きをしないといけないんですけどねぇ。。。

昔の iPhone 3GS では大人の事情のおかげで SIM ロックフリー版では使えなかった SIM がちゃんと使えて、かつ LTE まで使えちゃっているあたりもなんていうんでしょう、隔世の感があるというか。。。

最近聞いたシンガポールの Prepaid SIM 事情

まぁ、なので、噂では一つのパスポートで 10枚までしか持てないという SIM は今は 3枚までにさらに限定されているシンガポールの現状を踏まえると、一生懸命四半期ごとにオンラインでトップアップして維持し続けただけある、わけですし、これ、まだまだ続けないといけないってことなんですよねぇ。と言いつつ、残高が 200シンガポールドルってありすぎだろう、とも思いますが。。。


ところで、Android M というかマシュマロの話。


それはさておき。
海外に出る時に大活躍してくれているのが Nexus 5。
逆にいれば、国内ではほとんど立ち上げない Nexus 5。

とはいえ、新しいバージョンの Android が出ると先行して使えるのでこれほどいい機体はない、のですが。。。前回の Lollipop の時もそうなのですが、リリースして OTA が始まったとされてから1週間以内だと、どうも日本国内でアップデートできず、たまたまそのあと海外に出たらアップデート出来た、という感じなのです。で、今回も、今ホテルの WiFi 経由でダウンロードしてますが、普段使わない分だけ、アプリのアップデートもあって全然進まないのです。。。しかし、この日本ではアップデート出来ないけど海外では、って意図的なんですかねぇ。。。

追記(19/Oct/2015)

シンガポールで Nexus 5 をマシュマロちゃんにアップデートしました。
ぱっと見は変わらないですねぇ。
とはいえ、気付いたのは

  1. 噂の省電力モード、入れると画面の上と下にオレンジの帯がつきます。発動中というのがわかりやすいです。かつ、確かに通信を抑えに抑えるので電池の消耗は少なかったです。10時間程度しか持たない Nexus 5がそれ以上持ちましたから。。。とはいえ、メールが来ないなど、心配になります(笑)
  2. 日本語入力のフォントが目に優しいフォントに代わりました(笑)これ、結構ポイント高いかも、です。
といいつつ、今マシュマロが動くのはほとんどが Nexus 各種だけですからねぇ。それを思うと、次に何か買い替えるとしたら個人的には Nexus 5X にしたいところですが、日本で過ごす時間が多い以上、おサイフケータイはパワフルなんですよねぇ。。。この相互補完のない国際基準とローカルスタンダード、なんとかなりませんかねぇ。。。

追記 (3/Nov/2015)

手元にあるNexus 7 ですが、未だにアップデートされません。といっても、SIM を入れていないからどこの国にいるのか判断しない、だからアップデートしない、のでは、という感じもあります。うーむ。。。日本で止める理由。。。あれか。
Share on Google Plus

About Shinobu Miyata

I... a financial consultant based in Tokyo. But... sometimes becoming crazy for omelets around the world, and nomad working life style. Namely, just a nerd.