SIM ロックフリースマホをもって海外に飛び出して
現地のプリペイド SIM をつかうとこうなった

SmartGear 49 と一緒に運動すると。。。

SmartGear 49 は水にどこまで持つの?
こんな状況でも大丈夫、のはずが。。。
今年に入ってあれこれ運動するようになり、特にランニングなんてしようとするときに、スマホでトラッキングしたくなりますよね。でも、運動するからポケットにいれて、でもなんか落ち着かない。

そういう時に、腕時計型だとちょうど良かったりするので、最近スマートウォッチがはやっていたりするような気がするのですが、時計型スマホな SmartGear 49でどこまで、出来るか。やってみました。

ということで、前回に続いてただの SIMロックフリー携帯のマニアックな使い方、な記事ですので、SIMマニアの方、ごめんなさい。


フィットネス・トラッカーをちょっと考察する


さて、fitbit のようなフィットネス・トラッカーを使う以外で運動の記録を取ろうとすると、runtastic のようなアプリを立ち上げて GPS で自分の居場所などを継続的に記録する形がいいのですが、前述のように、ポケットに5inch のものを入れて走るのはなんか気持ち悪い。といって、防水防滴なアームバンドに入れるのも、なんかスマートさに欠ける、なんて思うと、やっぱりフィットネス・トラッカーのような腕時計のような形状がちょうど良かったりします。だからですかね、スマートウォッチがはやっているのは。

で、手持ちのSmartGear 49を使う私はこうする。

で、腕時計型のスマートフォンな SmartGear 49。SIM を入れて通話もできるし、頑張ればメールも打てる。実際に使うと、そんな風に使いたくないのですが(笑)

実際に初期ロットを買ってちょっと使いましたが、電池の持ちも微妙だったし、腕時計なスマホの自分の生活の中での位置づけが悩ましくてちょっと放置していたところ、運動するのを記録するのにちょうどいい、とやっと自分の中の腑に落ちたので、どうやったか、ちょっとご紹介してみようかと思います。

実際の設定はと言えば。。。

まず、SmartGear 49を入手したとき、普通のスマホのようにあれこれアプリを入れまくり、持っている Google Apps のアカウントを複数登録した結果、電池の持ちが8時間程度になってしまったので、出来るだけアプリは最小限に減らすことにしました。runtastic が、走る、歩く、だけではなくその他のスポーツ(テニスも水泳も、自転車も)一応記録可能なので、このアプリ一つで十分。とはいえ、せっかく運動するなら音楽を聴きたいよね、ということで、PC や Mac と音楽データの同期の出来る Double Twist も入れる。でも、それだけ。

ちなみに、runtastic については、PCやほかのスマホで記録がいろいろ見られるので、先にアカウントを作っているケースもあると思いますが、 SmartGear 49 で、ユーザー登録をしようとすると、facebook のアカウントを参照かメルアドで新規登録かのどちらかなので、facebook のアカウントをリンクさせることで登録しやすくすることをお勧めします。


実践投入!

で、bluetooth のヘッドセットを付けて、いざウォーキング!

。。。 GPS がちゃんと動いていないのか、移動距離が 0.0km のまま。。。うーむ。

じゃあ、他で!と思い、防水対応だからとスイミングに挑戦!

悲劇が起きました。25m 泳ぎ切る前に画面が消えました。ええ、先ほどホームページを見たらスイミングでも使える!と書いている一方で防水については保証の限りではありません、とトーンが変わってました。。。

無茶だったのか?それとも(と、次につなげる)

ということで、当面は、修理にするか、ホームページ上で嬉しそうに50の発売予定を宣言しているのでそれに付き合うか、それとも防水防滴なスマートウォッチを買ってしまうか考えつつ、前の記事でお勧めした Nexus 5 をポケットに入れて走り続けることにします。ええ、SIM は問題なく生きていました。それだけが救いです(苦笑)

全然落ちない記事ですみません(笑)
次の顛末記でちゃんと落としますから。。。
Share on Google Plus

About Shinobu Miyata

I... a financial consultant based in Tokyo. But... sometimes becoming crazy for omelets around the world, and nomad working life style. Namely, just a nerd.