SIM ロックフリースマホをもって海外に飛び出して
現地のプリペイド SIM をつかうとこうなった

香港、prepaid SIM の楽園ってここだったんじゃあ。。。

Hong Kong
香港といえばこの風景ですよね。
すみません、ちょっとサボってました(笑)
というか、書いていたつもりで案外このネタをいうほど書いてなかったんですねぇ。

で、驚いたのが、香港のprepaid SIM 事情。一番最初に書いていてもおかしくないはずなのに全く書いてなかったようなんです(笑)いやぁ、こんなに海外からの SIMロックフリーな携帯とかスマホを持ち込んでロンドンと同じくらいフレンドリーな街なのに。。。なんででしょうねぇ>自分

ということで、最近行っていないので変わっているような気がしますが、ちょっとうろ覚えレベルとはいえ、あれこれ書いてみちゃいましょうか。




香港の携帯電話、基本 SIM ロックフリーがほとんどでしたので、当然普通にprepaid SIM も売ってます。著名なキャリアーですと

3 (Hutchson)
SmarTone (旧Vodafone)
PCCW
CSL
中国移動香港

あたりが挙げられます。shi が使い続けているのは 3 。まぁ、某明るい北朝鮮みたいに一生で10枚しか SIM を買えない国ではないので、新しくていいSIM に乗り換えればいいのでしょうけど、おもしろいことに2G のカードなのにちゃんと3G が使えているので不自由がない、ので使い続けている、という事情でもあるのですが。。。

で、どうやら、競争の激しいところですので、昔から楽園!と思っていた

一日のデータ通信料金の上限が HKD 28
ひと月のデータ通信料金の上限が HKD 428

は未だ健在なので、まぁ、日本の携帯を持ち込んでそれで一日固定で使うよりまだまし、というのがそもそもprepaid SIM を使い始めたきっかけでもあるんです。使い方も、まぁ、刺して指示に従ってAPN を変更すればいいので、普通に普通なわけですので、ぜひともSIMロックフリー初心者には香港で腕慣らししてもらいたい、という感じです。はい。
Share on Google Plus

About Shinobu Miyata

I... a financial consultant based in Tokyo. But... sometimes becoming crazy for omelets around the world, and nomad working life style. Namely, just a nerd.