SIM ロックフリースマホをもって海外に飛び出して
現地のプリペイド SIM をつかうとこうなった

b-mobile さんであれこれ手続してみて、いまさらながらわかったあれこれ

前回の記事の、ざっくりとしたまとめが

いまさら 3G だけではキャリアに縛られない SIM とスマホでは生きるのが大変、なので LTE を使えるようにしなきゃ

ということでよかったでしたっけ?(笑)

と、読者の方々に問いかけるのもなんなのですが、SIM ロックフリーのスマホを日本の3G環境で運用するのはなかなか、という結論から、LTE のほうがまだ可能性が広がるんじゃない?と思うのは当然なのですが、じゃあ、単純に LTE 対応の SIM を買って終わりにすればいいじゃない、というのは、人生同様、長く人とつながるとしがらみというのが起こるので、携帯番号をおいそれと変更して教えて歩く面倒さは避けたいもの。となると、SIM を 3Gから LTE 対応に変更せねばならない、という手続きを踏まなければならないのです。

というか、そもそも SIM は契約だから、そのままLTE対応のスマホに突っ込めば動くもんじゃないの?と思いたいですよね。そうもいかないらしいです。SIM も見た目は一緒でも、作った時期等の都合で、古いから 3G しか対応できないというものもあるようです。docomo さんなぞ、おサイフケータイ/Felica の対応具合のため、とか、海外での利用の都合など、いろいろな事情で、SIM のバージョン、と結果的にSIM の色がいくつもあるようです。ちなみに、私の使っている HK の 3 のSIM は考えてみれば 2G メインらしい(で、よく3Gが使えてるよなぁ。。。)

ということで、前回の記事を書いて、じゃあ、LTE に契約を変えるか!と思ったわけですよ。
いわゆる b-mobile 的にいうと

にしよう、ということです。が、まぁ、もとが talking Fair という古い契約だといろいろあるようで。。。



ご存じのとおり、b-mobile さんには店舗がないので、すべてのやり取りが my b-mobile というweb のサービス画面経由になる、ということは予め契約にある手順のみの対応、ということなのですが、長年の付き合いだと、どういう条件でどうなる、なんてすっかり忘れてしまいます。おかげで色々とドタバタでした。

my b-mobile の画面にある、サービス変更をクリックして、前述の SIM 電話のLTE版か、3G版かを選ぶ画面で、もちろん、とLTEを選ぶと、SIM にあるDN もしくはAX で始まるSIM に特有のコードを入力する画面がやってきます。どうも、これで SIM が LTE対応かを確認するようですが。。。そのコードを拾うためには、(1) SIM を送付した時のクレジットカード大の台紙、もしくは (2) SIM 自身、に記載されているのでそこから拾わねばならない、のですが、当然(1) なんて捨ててしまっていて(笑) (2) だって、現在運用中のスマホの中。しかも、言いたくないがSIM を標準サイズからマイクロサイズに切り取っているので、切り取った時に読めなくなっている可能性がないわけじゃない。恐る恐るスマホから抜き出すと。。。ほっ、ギリギリ全部の文字が切れずに残っていた(笑)

そこで、読み取ったコードを入力すると。。。SIM の交換が必要です(有料)。
え?ということは

まずは SIM を LTE 対応のに交換してもらい(3,000円+消費税)
そののちに LTE のサービスに変更してもらう (2,000円+消費税)

という流れですか。。。仕方ない。手間もコストもかかるが、番号を引き継ぐためだ。

ん?今思った。SIM を一枚買うと、3,000円だから。。。新しい番号にしておけばよかったかも(苦笑)まぁいい。初志貫徹だ。

ということで、SIM 交換のサービスに行って、また、コードを入れて、今度は切り取る手間を省くために(というか、SIM は借りものですからねー)、マイクロサイズをお願いして依頼。すると。。。

発送までに 4日くらいかかります。
発送時に現在の SIM が使えなくなります。
発送時に発送する旨ご連絡します。

とのこと。確か、そんなことが書いてあったような。。。ということは、

発送までに 4日くらいかかります。-> 手元に届くのは多分そこから+ 1日か(確か都内から発送)
発送時に現在の SIM が使えなくなります。 -> 発送前に電話の転送だけはしておかないと。データ通信とかは愚弟からもらった 7inch タブレットでしのげる
発送の前日に発送する旨ご連絡します。-> 了解でーす

ということで、まぁ、のんびり待っていました。そうすると、前日の発送通知メールを見たときには結構酔っていて(爆)、気づくと翌朝。やばい、と思いつつ、あわてて転送電話の設定を始める午前 9時29分。そして。。。

9時半になった瞬間、転送電話サービスとの通話がいきなり中断!

手元のスマホには、SIM サービスが利用できません。という赤い三角のマークが。これ、ロンドンで見た以来だ。。。もうつながってないのね。。。

とおもい、この寂しさをとりあえずtwitter でつぶやいて対処法を考える。
まず、新しい SIM に切り替わったはずだから、それがまだ転送電話サービスの設定が生きているかどうか確認だ。ということで、また My b-mobile に入って音声オプション関連を見ると。。。

最初見間違えましたが(笑)ちゃんと、前の SIM の設定を引き継いでいました。ちなみに、ネットワーク暗証番号も平で読めます(笑)

ということは。。。そもそも docomo なんだし、海外でもやった、固定電話からの転送電話サービスの遠隔設定をやればいいんだ。ということで、このリンク先の pdfを読みながら設定してとりあえず事なきを得、twitter で b-mobile の公式アカウントさんにお礼を言ってみた(笑)


で、そうこうしているうちに、My b-mobile 上でサービス変更が出来るようになったので、再度挑戦っ!と思ったら、やっぱり SIM のコードを聞かれる。。。発送したばっかりなんだから、自社のデータ上で管理してよ。。。手元にないから入力できませーん(苦笑)

さて。予定通り翌日に SIM が届きました。DN で始まるコードも目の前にあります。
三度目の正直です。サービス変更しました。完了しました。すると。。。

LTE が使えるようになるのは翌料金月からです。

ん?それいつよ。。。shi の場合はなんとあと 3週間待たねばならなかったのですっ!
あーあ。そんなことなら、もう2週間早くやっておけばよかったよ。。。

ということで、サービス変更は計画的にねっ!(苦笑)
Share on Google Plus

About Shinobu Miyata

I... a financial consultant based in Tokyo. But... sometimes becoming crazy for omelets around the world, and nomad working life style. Namely, just a nerd.