SIM ロックフリースマホをもって海外に飛び出して
現地のプリペイド SIM をつかうとこうなった

実は AT&T の iPad 用prepaid SIM が世界旅行するのに最強なんじゃないかと思っているのですが

さて、このブログは本体の抜粋だけで終わらせちゃいかん、と思いつつ、過去の遺産にどうしても頼ってしまうのが人の常。しかも、何を書いたか覚えていないから、書いたつもりになっているのも人の常。しかも、結構知っているとパワフルだぜ、これは、なんて思っていることは、あちこちで人に吹聴して回っているから、絶対に書いてる気分になる。のに、見つけられない。そりゃそうだ、書いてないんだから。

なんて、ネタが今回の記事。内容はタイトル通り(笑)

しかし、なんで?と思うはず。特にこのブログのコンセプトが

現地のSIM を使って海外旅行中の通信コストを下げよう

というもののはずなのに、しかも大人の事情で海外から持ち込まれる iPhone に優しくないAT&T がなぜ iPad にこれでもか、というくらいに太っ腹なのか、謎が謎を呼ぶのですが、そんなことを気にしていても仕方ないので、本題に入りましょう(笑)




ええ、もし手元にSIM の縛りのない iPad があって、これからアメリカにいこう、その後ほかの国にもいくよ、というあなた様だったら、これはお勧めです。もうほかの国で SIM を買いたくなくなるくらいパワフルです。

アメリカに入ったら AT&T の店頭に行って、iPad 用の prepaid SIM をもらってください。ただです(笑)
なので、事前にデータコストがチャージされていません。ですので、SIM を刺して、立ち上げて、

設定の画面に行って、その左側の選択肢の中の 「モバイルデータ通信」という項目を選ぶと
右側の真ん中あたりに「アカウントの表示」という選択肢があるので選択すると

(ここからは英語表示)
アカウントを開設するプロセスに入りますので、必要とされる情報を入力して設定すると、
「Account Overview 」という画面が表示されます。 その中の、上の方に「Add Domestic Plan」があるので、それを選択して、いくつか選択肢があるので、どれかを選ぶ。続いて開始日を聞かれるケースがあるので、その際には今からか、それとも使いたい日付を設定してあげる。ついでに、auto renewal をするか、と聞かれるので自分のアメリカの滞在期間とか、このSIMを使う期間を勘案して設定してあげると完了です。


って、手元にないのに、まぁ、これだけつらつらと書いた自分。どれだけ好きなんだか。

で、これだけだと、ただ単にアメリカに滞在中にデータ通信できますよ、でしかないので面白みに欠ける。そこで、戻った画面を見ると、ありますよね。真ん中くらいに「Add International Plan」って。これがこの SIM というかサービスの強み。多分 AT&T とつながってもらえるだろう、世界中のどこの国でも、これで選択しておけば、国をまたごうが、国の中の携帯会社が諸般の事情でAからBに切り替わろうが、30日有効の定量サービスを受けることが出来るんです。値段も思っているほど高くない。do(ぴー)とかの一日定額を複数日使って気づいたら高額に、なんてことから逃げられます。設定も簡単。

今見ていた真ん中あたりにある「Add International Plan」を選んで次に進むと いくつか選択肢があるので、どれかを選ぶ。WiFi がメインで使っているようだから 「20MB」か「50MB」のどらちかを選ぶ。 多分開始日を選択することはないと思うけど、もし選択を求められたら 2月18日あたりを 選んでおけばいいかと。 それで、最終的にオッケーか聞かれるので、オッケーとすれば完了。のはず。


実際に娘の3か月間の留学旅行でニュージーランドに行かせる時にあらかじめ設定して持たせたところ、現地のWiFi 環境のおかげもあれど、そうでないところもそれなりにあったこともあり、ちゃんと何とかなったようです。まぁ、ポイントとして、Domestic サービスは自動更新があるので帰国したら自分で止める必要がある一方で海外のサービスは自動更新しないので、30日ごとに娘に延長させる手続きをさせざるをえなかったくらいでしょうか。まぁ、自動延長で使わない期間も払わされるよりはまだましか(笑)

値段的にも、do(ぴー)とかの一日定額だと一日2000円だから、3か月の留学とかいうと 2,000 x 90 = 180,000円、と単純計算になるものの、こちらだと、全額で2万行くか行かないか。iPad なら音声通話できるアプリもあるわけなので、全然そん色ない、と言ってもいいはず。

ということで、難点は、一度アメリカに行かねばならない、一度口座を閉じたら出国前(後でもいいですが)口座を再度一から設定しないといけない(住所とか改めてタイプするのは案外面倒)、Android の時はどうなるの?ということはあるものの、これなら iPad mini と国内の電話の着信用にガラケーひとつ、って組み合わせでも十分いける気がしてきます。

ということで、まぁ、これはお勧めです。
Share on Google Plus

About Shinobu Miyata

I... a financial consultant based in Tokyo. But... sometimes becoming crazy for omelets around the world, and nomad working life style. Namely, just a nerd.